警備員 バイト 武勇伝

警備員のバイトの武勇伝

女子で警備バイト 怖い経験をしました。

 

アルバイトは色んなことをやりましたが、
警備会社のお祭りの案内係をした時の話です。

 

私と友人たち、女3人で応募しました。
今思えば、よく女3人で警備会社のバイトなんかに応募したなと思いますが。

 

私たちは会場から一番遠い、駐車場を担当することになってしまいました。

 

もう1人のバイト男子と4人での案内でした。
あまりにヒマで、ラクで友人と雑談するくらい余裕の仕事でした。

 

友人はあまりにも暇だったので、その暇が辛かったようで
「あと○千○百円…」とバイトの残り時間をお金に換算して耐えてたのがウケました(笑)

 

この後、とんでもない事件が起きようとは想像もせずに・・・

 

そしてついに事件は起きました!
一番奥のスペースには、入れないようにと厳命されていました。
そこが一番会場に近いので、入ろうとする車がいっぱいいました。

 

たいていの場合は、ダメだと言うと指示された方へ行ってくれるのですが
とうとう出ました。怒り出した来場者が。

 

「空いてるだろ!」とかなりのお怒りの様子。
刺青のおじちゃんでした。

 

唯一の男のバイト君が一生懸命
謝りながら止めてましたが向こう引く気配がありません。

 

というか、入れないものは入れないのに
怒っている方が明らかにおかしいのですが。

 

騒ぎに気付いてか分かりませんが、しばらくしてやってきてくれた警備会社の社員の人が
「あ〜、はいはい、どうぞどうぞ停めちゃってください。」とあっさり案内。

 

「え?」私たちは呆然としました。
しかも、私たちがそのスペースには入れないようにと言われた
張本人だったんです。

 

あまりにびっくりして、言葉も出ませんでした。
男のバイトくんも必死になって止めさせないようにしていたのに
なんだったんだろうって思ったでしょう。

 

もし、そういうケースがあった場合は、停めさせてもいいからと
一言言ってくれていれば、まったく問題なかったのに・・・

 

バイトしていると色んなことがありますよね。
でも、このバイト君とは今でも仲良しです♪