日雇いバイト 武勇伝

日雇いバイトの武勇伝

日雇いバイトが一家を支えてくれました

 

旦那が先月勤めていた会社からリストラされました。
突然のリストラに主人も私も愕然としました。

 

うちには3歳の娘と最近生まれたばかりの息子がいて
私自身が仕事に出れる状態ではありません。

 

頭の中は毎日お金のことを考える日々。
でも、主人は「大丈夫。何とかするから」とずっと言ってくれていました。

 

なんとかするって、どうするのと思いつつ
主人を信じて、少し主人の様子を見ることにしました。

 

何日かしてから、主人が車両誘導のバイトを決めてきました。
「一番給料が良かったか」らというのが理由のようです。

 

でも、車両誘導のバイトは日雇いで、給料は安定しません。

 

しかも主人は内勤の事務職のみの経験しかありませんので
真夏の車両誘導って、そんな大変な仕事できるのだろうか?
と私は不安でいっぱいでした。

 

でも、そんな私の不安はすべて消し去ってくれました。

 

毎日休まず、一生懸命働いてくれました。真夏の車両誘導は相当過酷です。
人員不足で主人の休みはほとんどありませんでしたが、その分給料は増えていきました。

 

正直、家計はかなり助かりましたが、日に日に真っ黒に焼け、痩せていく主人が凄く心配でした。

 

そんな私の心配はまったく不要だったようで
主人は、「俺だって外仕事できる!いい体になってきたでしょ?」と笑っていました。

 

たしかに太っていたお腹は引き締まっていい身体になりました。
車の誘導はテンポの良さが重要だそうです。
誘導に少しでも迷いが出ると、事故を起こしてしまう可能性があるらしいです。

 

客観的に見ている以上に、集中力がいる本当に大変な仕事のようでした。

 

1年経過したある日、バイトから帰宅した主人が突然「就職決まったよ。もちろん正社員で」。
それを聞いたときの安心した気持ちは忘れられません。

 

車両誘導のバイト先から、正社員勤務での話があって
当然、その話を受けてきたそうです。

 

主人が毎日、日焼けして真っ黒になって
頑張ってくれた結果だと思います。
頼りになる、我が家の大黒柱です。

 

ただ、旦那の体がずっと健康であるわけではありませんので
妻としてリスクヘッジを考えておくことが、今の時代はとても
大切なことなのではないかと私は思っています。

 

子供もさきざき育てていかなければいけないので
貯金などもしっかりしておかないと、お金の工面などで
夫婦などの喧嘩がたえなくなる恐れがあります。

 

だからこそ、私の場合はですが、一般職種のアルバイトやパートを
あえてさけて、風俗の世界に飛び込んで300万ぐらいの貯金を
夫には内緒で稼いでおこうと思うのです。

 

よく思われない世界かもしれませんが、生きていく為には
まだアラサ―だからできることもあると思いますので
身体を張っていこうと思っています。

 

色々と調べてみたら、ガールズワーカーという所が
風俗で働く為に、色々と解説してくれているみたいなので
ここをしばらくお気に入りにしてみていこうと思います。
http://www.girlsworker.jp/